文献紹介

お正月は烏龍茶を飲め!

こんにちは😃
昨日、「えんとつ町のプペル」を見てきた薬剤師の岩出です😆

それもあり、昨日はブログを書けなかったので、そして今日は朝から店舗で薬剤師をしていたので、今(15:23)書いています😅
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️
あと、のこり5日です(終わりが見えてきた!)

今の状況なので、ブログのテーマがコロナウイルスのことが多くなってしまいますが、今日はまったく関係ないテーマで書きたいと思います。
「もぉ~いくつ寝ると~お正月~♪」ですが
少し食べ過ぎてしまう正月は「烏龍茶」を飲みましょう!

 

烏龍茶は脂肪燃焼を促す

今日は、こちら👇の論文をご紹介します!
Subacute Ingestion of Caffeine and Oolong Tea Increases Fat Oxidation without Affecting Energy Expenditure and Sleep Architecture
カフェインと烏龍茶の摂取は、(エネルギー消費と)睡眠に影響することなく脂肪酸化を増加させる。

お茶の研究でよく出てくる成分として「カフェイン」「カテキン」があります。

これらの成分はよく研究されていますが、その多くの研究が1回摂取1日摂取したデータです。
そこで本研究では、お茶(今回は烏龍茶)の摂取を繰り返した場合の効果を検証しています。

本研究の目的は、ウーロン茶とカフェインの習慣的摂取が、エネルギー代謝と睡眠に及ぼす影響の評価です。

 

ご存知のように、お茶は、茶の生葉を乾燥・発酵させる発酵度合で、緑茶(不発酵茶)、烏龍茶(半発酵茶)、紅茶(完全発酵茶)などの種類のお茶が作られます。
そして、それぞれのお茶の成分も異なります。
烏龍茶には、他と比べてカテキン類が重合して生成する重合ポリフェノールが多く含まれているのが特徴です。

結論から言うと、今回の研究では、この烏龍茶の重合ポリフェノールに脂肪の燃焼を促す効果があるのではと考えられています。
研究の内容を見ていきたいと思います。

 

研究の背景

まず、本研究は、プラセボ対照、二重盲検、クロスオーバー介入研究(ウォッシュアウト期間は14日以上)でした。

各14日間セッションの間に, 12人の非肥満男性が朝食と昼食で2缶のテスト飲料を摂取します。
テスト飲料は、ウーロン茶(51.8mgのカフェインと48.5mgのカテキンを含む)カフェイン(51.8mgのカフェインのみ)またはプラセボです。

この研究期間中、被験者はカフェイン(コーヒーやお茶など)やアルコールを含む他の飲み物を飲むことはできません。
また、被験者は通常の活動と食習慣を維持し、活動記録と毎日の日記によって確認されています。

 

この研究では、24時間の呼吸商と脂肪の酸化を調査しています。
呼吸商とは、体内でどのような割合で栄養素が燃焼しているのかを調べるものです(詳しくは各自でお調べください→Wikipediaが分かりやすいです)

糖質、脂質、タンパク質の呼吸商は分かっており、1.0、0.71、0.8となっています。
呼吸商は通常、1.0~0.7の間で推移し、安静時(脂質燃焼優先)は呼吸商が0.7~0.8程度、運動時(糖質燃焼優先)は1.0に近づきます。

詳しいことは分かりませんが、この研究では、呼吸商が小さい=脂肪燃焼優先と考えています。

 

結果は??

本研究では、エネルギー消費量は、覚醒、睡眠、または23時間の間接熱量測定(生物が生み出す熱を計算)で同等でした。

呼吸商について、プラセボ試験と比較して、覚醒時、睡眠時、または23時間の間接熱量測定中の呼吸商は、カフェインおよび烏龍茶群で低下していました(脂肪の燃焼が有意)

また、カフェインとウーロン茶の摂取は、覚醒、睡眠、または23時間の間接熱量測定中に脂肪の酸化を増加させました。

図を見ると、朝と昼のカフェイン、烏龍茶の摂取が脂肪の燃焼を増加させる効果が、睡眠時間にも影響していることが分かります。
しかし、本研究では、カフェインおよび烏龍茶の摂取(朝、昼)により、睡眠が阻害されることはなかったと報告しています。

そして本研究のポイントは、脂肪燃焼を促す効果は、睡眠時において烏龍茶摂取の方がカフェインだけの摂取よりも大きいということです。
烏龍茶には、カフェインと重合ポリフェノールが含まれており、この重合ポリフェノールが睡眠時の脂肪燃焼効果の促進に関係しているのではないかと結論付けれれています。という内容です。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

何かの話の流れがあったわけではないですが、西野亮廣さんのゴミ人間のサイン本を10冊買いました😅
これを強制的にウチのスタッフや仲間に配って読ませたいと思います笑

 

 

<参考資料>
Subacute Ingestion of Caffeine and Oolong Tea Increases Fat Oxidation without Affecting Energy Expenditure and Sleep Architecture: A Randomized, Placebo-Controlled, Double-Blinded Cross-Over Trial, Nutrients 2020, 12(12), 3671
https://doi.org/10.3390/nu12123671

 

 

-文献紹介
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。