文献紹介 時事ネタ

ステロイド全身療法の推奨 ~アビガンはどこに?~

こんにちは😃
昨日は、業務終了後に仲間の薬局の手伝い!(薬剤師としてではないです笑)
何か目標があると頑張れるよね~
長期過ぎるとヤル気がでないので、短期目標があると嬉しい薬剤師の岩出です🤣
今年はブログの毎日更新を目標に頑張ります❗️

コロナウイルスの治療薬について、今はレムデシビルがありますよね!
ですが、それ以降は続かない。

アビガンはどうなったのでしょうか…😅

そんな中、9月4日にWHOからCorticosteroids for COVID-19 というモノがでました。

 

重症で重篤なコロナウイルス感染症患者へステロイド投与を推奨

WHOが出した結論はこちら
A strong recommendation for systemic (i.e. intravenous or oral) corticosteroid therapy (e.g. 6 mg of dexamethasone orally or intravenously daily or 50 mg of hydrocortisone intravenously every 8 hours) for 7 to 10 days in patients with severe and critical COVID-19, and a conditional recommendation not to use corticosteroid therapy in patients with nonsevere COVID-19.

重症で重篤なCOVID-19の患者に対して、7~10日間のコルチコステロイド全身治療(デキサメタゾン6㎎を1日1回経口服用、またはヒドロコルチゾン50㎎を8時間ごとに静脈内投与)の強い推奨。また、非重症COVID-19の患者にコルチコステロイド療法を使用しないという条件付きの推奨

 

The guideline panel was informed by combining two meta-analyses which pooled data from eight randomized trials (7184 participants) of systemic corticosteroids for COVID-19.
ガイドライン委員会は、COVID-19への全身コルチコステロイド療法の8つのランダム試験(参加者7,184名)からデータを蓄えた2つのメタアナリシスを組み合わせることによって情報を得ました。

The panel discussions were also informed by two other meta-analyses
他の2つのメタアナリシスからも情報が得られた。

ということで、4つのメタアナリシスから、情報を得ているようです。

 

結果として得られた証拠の要約は、全身性コルチコステロイドが、重篤なCOVID-19患者および重症疾患の患者において、おそらく28日間の死亡率を低下させることを示唆した。

対照的に、全身性コルチコステロイドは、非重症COVID‐19患者に投与した場合、死亡リスクを増加させる可能性があるとのこと。さらに、コルチコステロイドの全身投与により、おそらく侵襲的機械的人工換気の必要性が減少する。対照的に、重症疾患における死亡率の低下という状況では、有害性は軽微であると報告されています。

まとめたモノがありましたので、日本語に訳して載せておきます。
訳の間違い等は、お許しください🙇🏻(先に謝っておきます)

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

 

<参考資料>
Corticosteroids for COVID-19

-文献紹介, 時事ネタ
-, , , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。