文献紹介 保険薬局関係

コロナウイルスは人の皮膚でどれくらい生きてるの?

こんにちは😃
ネタがある時は早くブログをかけるので、一日を快適に過ごせる薬剤師の岩出です(笑)
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

トランプ大統領がコロナウイルスに罹り、連日ニュースでも取り上げられました。
来年にはワクチンが出てくるとの話もありますが、その前にインフルエンザとの同時流行も問題も出ています。

コロナウイルスの感染経路で重大な要因となっているのは「接触感染」です。
そのために、お店などに入る時は、アルコールでの手洗いをお願いされますよね!

では、コロナウイルスはどの程度「手」存在しているのか?
そんな疑問に対して論文が発表されたのでご紹介します❗️

 

薬剤師が行っている食事指導内容を教えて下さい(匿名です)
こちらよりお願いします👇
http://bit.do/wa-dietary-guidance

ヒトの皮膚でのSARS-CoV-2の生存

Survival of SARS-CoV-2 and influenza virus on the human skin: Importance of hand hygiene in COVID-19
ヒトの皮膚でのSARS-CoV-2とインフルエンザウイルスの生存:COVID-19における手指衛生の重要性

調査したのは次の2つ
①SARS‐CoV‐2およびインフルエンザAウイルス のヒト皮膚表面上での安定性
②SARS‐CoV‐2およびインフルエンザAウイルスに対する80%エタノールの皮膚消毒効果

ちなみに、人の皮膚以外の環境での生存期間については、すでに報告されています。
サージカルマスクの外層では7日目でもウイルスが検出されています。
詳しくはこちらのブログより➡自己学習:さまざまな環境条件でのコロナウイルスの安定性

また、コロナウイルスだけではなくインフルエンザAウイルスについても調査されているので、今年の冬に向けて活用できる情報だと思います。

 

人の皮膚での生存時間は約9時間

人の皮膚での生存期間は、SARS-CoV-2が9.04時間(7.96~10.2時間)とインフルエンザAウイルス(IAV)の1.82(1.65~2.00時間)よりも長いようです。

なかなか長い時間コロナウイルスは生存してますね~

 

では、エタノールで消毒をするとどうなるのか?

下の図の点線は、エタノールが無い→エタノールで消毒していない場合を表しています。
そして実線はエタノールを加えた→エタノールで消毒した場合です。
ガクンと下がってますよね?

発表では、皮膚表面上の新型コロナウイルスは、80%エタノールによる15秒間の消毒にて完全に不活化されたと報告されています。
インフルエンザAウイルスも同じように15秒間の消毒で不活化されました。

 

手にコロナウイルスが付着した状態で、目や口を触ることによる感染が報告されています。
手が一番色々なものに触れるので危険です。
しかし、手をエタノールで消毒することが有効であることが分かりました!

手荒れに注意しならが、小まめにエタノールで手の消毒をしましょう😃

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

お知らせ!

◆研修会のご案内◆
日 程:2020年10月31日(土)
テーマ:薬剤師さん!その食事指導まちがってます
時 間:17:00~19:00(19時完全終了)
場 所:大阪府大阪市北区梅田2-5-13桜橋第一ビル303
講 師:家辺 先生(管理栄養士)
参加費:1,000円
定 員:25名
※薬剤師研修センター 研修シール“1単位” 

参加登録はこちらから👇

 

<参考資料>
【論文掲載】ヒトの皮膚上に存在する新型コロナウイルスの生存期間を解明

Survival of SARS-CoV-2 and influenza virus on the human skin: Importance of hand hygiene in COVID-19

-文献紹介, 保険薬局関係
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。