時事ネタ 保険薬局関係

地域連携薬局の認定基準まとめ

こんにちは😃
薬剤師の岩出です。

令和3年8月1日に施行される「地域連携薬局」について、令和3年1月22日付で改正省令が公布されました。
今回は、地域連携薬局の認定基準についてまとめたいと思います。

 

地域連携薬局とは

地域連携薬局は、

①外来受診時だけではなく、在宅医療への対応や入退院時を含め、他の医療提供施設との服薬情報の一元的・継続的な情報連携に対応できる薬局

②地域において、他の薬局に対する医薬品の提供や医薬品に係る情報発信、研修等の実施を通じて、他の薬局の業務を支えるような取り組みが期待される薬局

③医療提供施設のほか、利用者が関わる介護関係施設等とも連携を取りながら業務を行う薬局

という主旨が書かれています。

具体的にどのような認定基準が求められているか確認します。
各項目の詳細は、クリックすると見ることができます!

 

地域連携薬局の基準

1.構造設備
(1)利用者の服薬指導等の際に配慮した構造設備
(2)高齢者、障碍者等の円滑な利用に適した構造設備

2.利用者の薬剤等の使用に関する情報を他の医療提供施設と共有する体制
(1)地域包括ケアシステムの構築に資する会議への参加
(2)地域における医療機関に勤務する薬剤師等に対して随時報告及び連絡することができる体制
(3)地域における医療機関に勤務する薬剤師等に対して報告及び連絡した実績
(4)他の薬局に対して報告及び連絡することができる体制

3.地域の利用者に対し安定的に薬剤を供給するための調剤及び薬剤の販売業務体制
(1)開店時間外の相談に対する体制
(2)休日及び夜間の調剤応需体制
(3)在庫として保管する医薬品を必要な場合に他の薬局開設者の薬局に提供する体制
(4)麻薬の調剤応需体制
(5)無菌性剤処理を実施できる体制
(6)医療安全対策
(7)継続して1年以上常勤として勤務している薬剤師の体制
(8)地域包括ケアシステムに関する研修を修了し常勤として勤務している薬剤師の体制
(9)地域包括ケアシステムに関する内容の研修の受講
(10)地域の他の医療提供施設に対する医薬品の適正使用に関する情報提供

4.居宅等における調剤及び指導を行う体制
(1)居宅等における調剤並びに情報の提供及び薬学的知見に基づく指導の実績
(2)医療機器及び衛生材料を提供するための体制

 

 

<参考資料>
令和3年1月29日 薬生発0129第6号
医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律等の一部を改正する法律の一部の施行について(認定薬局関係)

令和3年1月29日 事務連絡
地域連携薬局及び専門医療機関連携薬局の認定基準に関するQ&Aについて

 

 

 

 

-時事ネタ, 保険薬局関係
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。