時事ネタ

オンライン薬局 by amazon

こんにちは😃

ブログを始めた当初は、閲覧数がひと桁の時なんでいくらでもありました。
でも、それでも諦めずに続けている薬剤師の岩出です!
続けたら、きっと何かが生まれると思っています🤣

今年はブログの毎日更新を目標に頑張ります❗️

 

 

オンライン薬局

アマゾンは、米国時間8月14日、Amazon Pharmacy(オンライン薬局)という新たなサービスで市販薬と処方薬の注文受付を、インド南部カルターナカ州の州都ベンガルールで開始した、と発表しました。

知りませんでしたね~😅

アマゾンの広報担当曰く「顧客が在宅して安全を確保しながら必要不可欠なものを手に入れることができるようにするという、今の時代に特に合ったものだ」

正しく、今の時代に合ったサービスの誕生

オンライン医薬品販売に関して、インド政府は現在明確な規制を整備しておらず、1mg、Netmeds(ネットメッズ)、Medlife(メッドライフ)、PharmEasy(ファームイージー)といったスタートアップ企業が(全然知らん😅)、現在インドで薬をオンライン販売しており、国内ほとんどの地域に配達が行われているようです。

 

インドの薬局事情は?

インド製薬産業の現状と展望(いつ発行されたか分からないんですが、2017年以降は確実です。)より

インドにおいては医薬分業が確立されているとされ、医薬品の流通については日本や欧米諸国と類似した状況にあると認識されます。と書かれています。そして、薬局は全国に20~25万程度存在するとされ、処方箋により薬局を通して患者にわたる医薬品は、全医療用医薬品の8割以上と認識されています。

インドにおける2015~2016年の医薬品市場は約190億米ドル(約2兆円)と推定されています。インド市場品市場の成長は今後も続き、2020~2021年にはその規模が300~350億米ドルに達し、単独で世界で5~6番目に大きな市場となるとの予測もあります。

ちなみに、下のようなデータもあります。2018年のデータで、インドは204億米ドル、日本は864億米ドル(約9兆円)です。

医薬品市場の国別成長率の表。【全世界】2018年:1,204.80十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)6.30パーセント、2023年予想:1,505~1,535十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):3~6パーセント。【先進国】2018年:800十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)5.70パーセント、2023年予想:900~1,020十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):3~6パーセント。<米国>2018年:484.9十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)7.20パーセント、2023年予想:625~655十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):4~7パーセント。【EU5カ国】2018年:177.5十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)4.70パーセント、2023年予想:200~230十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):1~4パーセント。<ドイツ>2018年:53.5十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)5.00パーセント、2023年予想:65~69十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):3~6パーセント。<フランス>2018年:36.8十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)1.50パーセント、2023年予想:37~41十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):マイナス1~2パーセント。<イタリア>2018年:34.4十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)6.30パーセント、2023年予想:40~44十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):2~5パーセント。<英国>2018年:28.4十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)6.20パーセント、2023年予想:33~37十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):2~5パーセント。<スペイン>2018年:24.6十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)5.40パーセント、2023年予想:27~31十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):1~4パーセント。<日本>2018年:86.4十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)1.00パーセント、2023年予想:89~93十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):マイナス3~0パーセント。<カナダ>2018年:22.2十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)5.00パーセント、2023年予想:27~31十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):2~5パーセント。<韓国>2018年:15.8十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)4.70パーセント、2023年予想:19~23十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):4~7パーセント。<オーストラリア>2018年:13.1十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)4.30パーセント、2023年予想:13~17十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):0~3パーセント。【新興国】2018年:285.9十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)9.30パーセント、2023年予想:355~385十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):5~8パーセント。<中国>2018年:132.3十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)7.60パーセント、2023年予想:140~170十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):3~6パーセント。【Tier2】2018年:67.7十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)10.70パーセント、2023年予想:91~95十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):7~10パーセント。<ブラジル>2018年:31.8十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)10.80パーセント、2023年予想:39~43十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):5~8パーセント。<インド>2018年:20.4十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)11.20パーセント、2023年予想:28~32十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):8~11パーセント。<ロシア>2018年:15.5十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)9.90パーセント、2023年予想:21~25十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):7~10パーセント。【Tier3】2018年:85.9十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)11.30パーセント、2023年予想:105~135十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):7~10パーセント。【その他】2018年:118.9十億ドル、年平均成長率(2014年~2018年:)3.20パーセント、2023年予想:130~160十億ドル、年平均成長率(2019~2023年予測):2~5パーセント。

 

 

アマゾンのオンライン薬局のPillPack(ピルパック)

すでに、アマゾンは2018年にオンライン薬局(ピルパック)を買収し、ヘルスケア業界にも参入しています。

ピルパック(PillPack→Google翻訳→錠剤パック)はその訳通り、日本でいう一包化をして、曜日や服用時間帯ごとに分けて提供している企業です。患者から処方箋をネットで受け付け、包装済みの処方薬を全米に宅配しています。

インドの2倍、いや3倍以上ある日本市場に参入したいですよね~
流通インフラは持っているので、あとは規制が緩和されるのを待つだけでしょう
そうなったら、われわれ薬局はヤバイですよね
どうなるんでしょうか?

でも、そう遠くない未来に確実に来るだろうと思っています…

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

 

お知らせ!

 

8月29日(土)17時~18時半

 

 

9月2日(水)21時~22時半

 

 

<参考資料>

アマゾンがインドでオンライン薬局サービス「Amazon Pharmacy」を開始

インド製薬産業の現状と展望 その特性、動向ならびにトピックス

-時事ネタ
-, , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。