時事ネタ

アビガン 年内承認⁉

こんにちは😃
9月の大型連休!今までの我慢を爆発させるかのように、人が密になってますね😅
感染者数が増えないことを願っている薬剤師の岩出です😃
今日は、コロナウイルスに関連した情報をご紹介!
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

 

アビガンはまだ消えていなかった‼
何度も「有効性が確認できない」などのニュースが出て、多くの方の関心もワクチンに向いていました。

そんな中、「富士フイルム「アビガン」製造販売申請へ 年内承認も」という記事が出ていました!

今日は、このテーマについて調べれる範囲でご紹介します!

 

お世話になっている先生方が書籍を出されました❗️
ご紹介させて頂きます👇

1日1論文、30日で、薬剤師としてレベルアップ! 医学論文の活かし方

 

臨床研究の現状は?

臨床研究実施計画・研究概要公開システムのサイトでファビピラビル(アビガン)の治験情報を見てみると、研究終了となっているものが1つありました👇

平易な研究名称は、SARS-CoV2感染者を対象としたファビピラビル臨床研究というものです。
研究内容については、こちらのブログでも書いています ➡ アビガン飲む vs アビガン飲まない

簡単に研究内容を書くと
治療初日からアビガンを服用した群 VS 治療6日目からアビガンを服用した群(初日~5日目まではアビガンを飲んでいない)でアビガンの効果を比べます。
6日目の時点では、アビガンを飲んだ群 VS アビガンを飲んでいない群になっているので、比較できるということです。

結果は、統計学的有意差はなし
6日までのSARS-CoV2ウイルス消失率は、通常投与群で66.7%、遅延投与群で56.1%(P値=0.269)でした。

富士フィルム富山化学株式会社のサイトも見ましたが、「終了」となっているのは、この研究だけでした。

 

海外データを使用?

アビガンは、中国やインド、ロシアでコロナ薬として承認されているようです。
ロシアってすごいですね😅

この3つの国の1つインドに関連して、このようなコメントが出ています。
「クレディ・スイス証券の○○氏は、ドクターレディーズが行う臨床試験のデータが日本での審査に役立つ可能性があると言い、「アビガンを(COVID-19治療薬候補から)外すのは時期尚早だ」と話した。」

ドクターレディースはインドの会社で、インドにおけるアビガンの開発、販売、および配布の独占的権利を保有しています。
また、富士フイルムは、ドクターレディースに製造、販売、および日本、中国、ロシアを除くすべての国におけるアビガンの開発、販売、流通の権利を供与しました。

よって、中国、ロシア以外でのアビガンの使用データについては、ドクターレディースが所有しており、このデータを使用した可能性が考えられるということです。

また、資料については発表があると思いますが、治験参加者のデータが集まり、承認されるということでしょう。

 

しかし、アビガンについては、動物実験で催奇形性確認されていることから妊婦は服用できません。
また、男性への影響も報告されています。
詳しくはこちらのブログをご覧ください ➡ アビガンの恐ろしさ…

お偉い先生方がその点はチェックされていると思いますが…
今後の情報を待ちたいと思います。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

<参考資料>
富士フイルム「アビガン」製造販売申請へ 年内承認も(日経新聞 2020.09.20)

-時事ネタ
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。