時事ネタ

新型“ブニヤウイルス”

こんにちは😃
世間がイソジンうがい液で騒いでいる時に、マイナーなネタでブログを書こうとしている薬剤師の岩出です🤣
今年はブログの毎日更新を目標に頑張ります❗️

イソジンうがい液も興味あるんですが…僕はニッチな内容を追いたいと思います。

 

中国で「新型ブニヤウイルス」7人死亡…60人が感染というネットニュースが出ていました。

また、分けわからんウイルス出てきたで~しかも中国から?

 

ブニヤウイルスについて

ブニヤウイルスは、ブニヤウイルス科○○属と5属に分類されるようです。

そのうち、1つの属は植物に病原性を示すようですが、それ以外の4属は、人、野生動物または家畜動物に感染し、重篤な疾患を引き起こす場合があるようです。

1つの属以外は、いずれも節足動物(蚊やダニなど)をベクター(媒介生物)とする、アルボウイルス(節足動物媒介ウイルス)で、吸血により脊椎動物に伝播されるウイルスです。

ブニヤウイルスは、エンベロープと持つウイルスなので、アルコールが有効だと思います。

 

ブニヤウイルスによって引き起こされる症状としては

2007年に中国河南省において、発熱、血小板減少、胃腸症状、白血球減少を特徴とする疾患が多数発生し、2007年中に合計79例が報告され、内、10例が死亡したようです。その他にも“属”に特有の症状として、腎症候性出血熱、ハンタウイルス肺症候群なども報告されています。
2012年に、同様のウイルスによる疾患が米国にも存在していたことが判明しています。

 

この「新型ブニヤウイルス」は、どのような影響を及ぼすのでしょうか?

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

 

 

 

<参考資料>

ブニヤウイルスとその生態

ブニヤウイルスーウイルスと宿主の相互関係・ハンタウイルスとげっ歯類の共進化

アルボウイルス感染症におけるウエストナイル熱・脳炎の位置付け

-時事ネタ
-, , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。