時事ネタ

地域密着のコンビニ セイコーマート

こんにちは😃

いや~すごいですね
上の人間がこんなことしたら、アンチドーピングとかそんな問題ではないですよね😅
権力って本当に人を狂わすな~とつくづく感じている薬剤師の岩出です。
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

 

まず、はじめに言っておきますと
私の専門(というレベルまで至っていませんが😅)は、薬学です。
ですから、経済学的な考えは持ち合わせていません。
それもふまえて読んでいただけると嬉しいです!

2020年度JCST(日本版顧客満足度指数)というものが発表されました。
第1回調査として、9業種(スーパーマーケット、コンビニエンスストア、シティホテル、携帯電話、銀行、電力小売、ガス小売、MVNO、銀行)のべ91企業・ブランドの顧客満足度を発表しました。

その発表の中で注目したいのは、コンビニエンスストア業界1位の「セイコーマート」です。

 

セイコーマートとは?

セイコーマートって知っていますか?
私は大阪に住んでいますが、一切見かけません(笑)
北海道に旅行に行った時にコンビニを探していたら、セイコーマートと呼ばれるコンビニばかりで驚いたことがあります。

コンビニの全国シェアを見ると

上位3社で88.6%と、約9割を占めています。

そんなコンビニ業界で、セイコーマートは顧客満足度が5年連続1位なんです!

 

地域密着のコンビニ セイコーマート

大手コンビニはご存知のように、フランチャイズ展開をして急激に店舗拡大してきました。
上位3社は吸収、吸収を行い、3社で業界の9割を占めるに至っています。

しかし、顧客満足ではセイコーマートに負けている。なんなら負け続けている。

規模が大きいので、システム投資の効率も良いでしょうし、プライベートブランド商品の開発もメリットは大きいと思います。
でも、顧客満足度では1/10程度の会社に劣っている。

セイコーマートは昔は関東や関西などにも展開していたようです。
しかし、現在の戦略は関東を縮小して、関西は撤退し、北海道に集中❗️

都道府県別コンビニ勢力図 - とどラン

その結果、勢力図(各都道府県の2020年6月現在の店舗数1位を集めたコンビニ勢力図)を見ると、北海道ではセイコーマートが一番なんです!

道産の種類豊富な食品開発やホットシェフ(下図:店内調理のお弁当販売)など、徹底的な地元密着の戦略を行い、地元住民の方からの支持を獲得し続けているようです。

セイコーマート「ホットシェフ」25周年、人気商品の復活投票 | 北海道リアルエコノミー | 地域経済ニュースサイト

満足度と直接関係はないかもしれませんが、以下のような特徴もあります。

・24時間営業をしない(原則7~23時)
・半数以上の店舗で元旦休業
・切り販売は本部側で推奨
・おでんを売らない(大手と同じことをしない)

24時間営業は、今問題になっていますよね
働く人に対しても、素晴らしい考えを持っていると思います。

 

ポイントは、地域密着!

我々の業界にも当てはまりますよね~
この言葉を忘れずに、我々も頑張りたいと思います(無理矢理締めました😅)

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

10月に薬剤師の“わ”で、管理栄養士さんに勉強会をして頂きます!
日頃されている食事指導の内容や管理栄養士さんに聞きたいことを教えて下さい😃
下のURLよりお願いします👇

http://bit.do/dietary_guidance

 

 

<参考資料>
2020年度 JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査結果

JCSI 日本版顧客満足度指数 第1回調査 詳細資料

-時事ネタ
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。