時事ネタ 保険薬局関係

新型コロナ対策 100年前と変わらず "マスク"と"うがい"は大切

こんにちは😃
雨の日は来局していただける患者さんが少ないので、気分が落ち込んでいる薬剤師の岩出です😭

まずは、オンラインセミナーのご案内です❗️
参加希望の方は、下のイラストをClick👇

 

今回は前回の続きで、『現代語訳 流行性感冒』のご紹介です!

 

『現代語訳 流行性感冒』その2

『現代語訳 流行性感冒』に、当時のポスターのページがあります。
数枚ご紹介します。

「流行性感冒」 内務省衛生局著 (1922.3)

恐るべし「ハヤリカゼ」の「バイキン」!/マスクをかけぬは命知らず

 

「流行性感冒」 内務省衛生局著 (1922.3)

「マスク」をかけぬと…/汽車電車人の中では「マスク」せよ 外出の後は「ウガヒ」忘るな/「マスク」とうがひ

今とおんっなじこと言ってません?😅
今でもこのポスター使えますよね?

 

マスクおよびうがいの奨励

1918年のパンデミックの時にも、マスクの使用とプラスしてうがいについても奨励されていました。
一時期、イソジンのうがいについて問題になりましたが、うがいってあまり言われてませんよね?
『もうだまされない 新型コロナの大誤解』では、ヨード接種にアレルギーが無ければ、ヨード液(イソジン)でのうがいがすすめられています。

また、緑茶の成分(カテキン)に新型コロナウイルスを殺す作用があることを西村秀一 先生が論文で発表されています(Inactivation of SARS-CoV-2 by Catechins from Green Tea)
ただし、実験では緑茶とウイルスが1~3分接触する必要があると書かれています。
そこで、ウイルスを洗い流すことを目的に、こまめにお茶を飲んで、その際に口の中でブクブクするような感じでゆすいで飲むのが良いようです!
深蒸し茶が風邪やインフルエンザ予防になるって本当?|掛川茶・静岡茶の専門店|茶匠 丸玉園(まるたまえん)

1918年の時は、マスクうがいが奨励されてました。
特に、劇場、映画館、寄席の入場者、電車、汽車、船舶等の乗客、人が集まる場所に出入りする者に対して格段の励行(努力してそうすること)求め、警察官その他の官公職員に対しては一般市民の模範となるように率先してこれを使用させとあります。
なんか、今よりも厳しかった感じがあります。

うがいの普及について、興味深いことが書かれています。
うがいの普及実行については、各府県が奨励し、そのうち重要なものとしては、薬剤師会にうがい剤を調製させ衛生組合に実費で各戸に頒布(はんぷ:広く分けて配り、行きわたらせること)させたという例がある

薬剤師が公衆衛生の分野で活躍してたんやな~と思いました(笑)

 

マスクの効果

現代のパンデミックでもマスクの効果については、色々と発表されています。
(こちらを参照→フェイスシールドとフェイスマスク ほぼ意味ない!
流行性感冒で7つ示されているんですが、そのうち3つ紹介します!

マスクの効果の実験的研修例を次に挙げる
1.外科用ガーゼはマスクの材料としては不完全でる
ガーゼマスクは効果は無いとは言いませんが、不織布に比べると効果は落ちます。
この頃にも、ガーゼマスクは不十分と考えられていたんですね

 

5.マスクはできるだけ高く、眼の下までかけさせ、これをゴム紐または打ち紐を用いて耳を越えて後頭に固定し、外縁(がいえん:外がわのふち)からの侵入による感染を防ぐ必要がある
マスクの装着方法についても、しっかりと密閉されることが大切と言われいます。
マスクの側面からの侵入を防ぐ装着方法は、この時から言われていました。

7.マスクは飛沫伝染性疾患には総じて有効である
飛沫感染には、マスクが有効であることは周知のことだと思います。

これらの内容について、単に想像で書かれているのではなく、しっかりと実験されています。
しかも、人を用いて実験されています。

 

流行性感冒ワクチンの予防的使用について

1918年のパンデミックはインフルエンザウイルスのパンデミックであり、新型コロナウイルスではありません。
しかし、この当時においては、インフルエンザの予防を目的にワクチンが使用されたことはなく、以下のように書かれています。

その接種成績については、使用後の日が浅く、いまだ十分な効果判定を下すことができない段階であり、要するにワクチンの予防的実施はいまだ試験的使用の域にあるというべきである。とあります。

本当に今と同じですね😩
今では、インフルエンザが流行する前にワクチンを打つことが一般的になりました。
インフルエンザのワクチンに対して、「危険だ~あぶない!」という人は少ないと思います。
だからと言って、今の新型コロナウイルスのワクチンも同じだとは言いません。

新型コロナウイルスも、何年後か、または何十年後には、ワクチンや治療薬が一般的になり、人類が対応できるようになるんでしょうかね~😅

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

<参考資料>
Inactivation of SARS-CoV-2 by Catechins from Green Tea

  

  

-時事ネタ, 保険薬局関係
-, , , , , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。