時事ネタ

お正月の食べ過ぎ、飲み過ぎに

こんにちは😃
のこり2日
いつもお世話になっている姉さんに、ブログの毎日更新を達成したらご褒美ください❗️とお願いしたら…
見事に撃沈した薬剤師の岩出です😭
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

もうそろそろお正月ですね~
昨日で仕事納めの会社が多いのではないでしょうか?
私は色々と仕事を残しているので、31日まで頑張ります😅

お正月に食べ過ぎ、飲み過ぎになる予定の方に、来年からの食生活にご活用できるアプリをご紹介!

 

おいしい健康アプリ

「おいしい健康」というアプリをご存知ですか?

病気の予防・管理、ダイエットなどを目的とした、管理栄養士監修のレシピ検索・献立作成サービスです。

ダイエットを目的としたアプリは色々とあると思いますが、病気の予防・管理を目的としたアプリは少ないかなと思います。

そして、糖尿病の食事療法を支援するスマートフォンアプリの臨床試験を始めることが発表されていました。
患者さんが病気の症状や個人データを登録すると、AIが適切な献立を提案するようです。

1レシピ当たり400種類以上のメタデータを設定しているとのことで
こういったレシピが管理栄養士監修で1万品目近くあり、これに機械学習を加えることで、より高度な分類を行えるということです。

 

アプリを試してみる!

アプリはこんな感じです。
糖尿病だけではなく、高血圧、心不全、潰瘍性大腸炎、がん治療など、沢山のタイプ別で食事内容を提供されているようです。

その他にも
透析、痔、ダイエット、妊娠高血圧・糖尿病、高齢者の低栄養防止に対しての食事内容など、50種類近い病気に対応しているようです!

 

初めに、こんなのがあります。
う~ん…こんなの見てもどうしてよいのか分かりません😅

21年春ごろには、月額600円前後の課金になるようですが、今は無料です。
お正月に食べ過ぎ、飲み過ぎになるご予定の方は、試してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

<参考資料>
第9回 おいしい健康 野尻哲也氏 生活者の食行動を可視化しておいしさと健康を両立する, アンチ・エイジング医学, 15, 2019

糖尿病向け献立アプリ おいしい健康、症状に合わせAIが提案(日経新聞 2020年12月29日)

 

 

<お知らせ>
また、正式にご連絡しますが
2021年1月16日に、2021年一発目の薬剤師の“わ”を開催します❗️
タイトルは「健康サポート薬局について 〜基準適合をめざすためのノウハウ〜」です😆
よろしくお願いします🙇🏻
(研修シールも申請中です)

-時事ネタ
-, , , , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。