時事ネタ

あなたはワクチンを打ちますか?

こんにちは😃
最近、本当に色々なことが詰まってきて、ブログを書くのが辛くなってきた薬剤師の岩出です😭
くそ~負けないぞ!
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

Pfizer & BioNTech、モデルナ、アストラゼネカ & オックスフォード大学でワクチンが開発・研究され、イギリスではワクチンの接種が始まっています。

ワクチンの接種に関して、世界15か国で調査が行われましたので、その調査結果についてご紹介します!

 

私はワクチンを接種します

世界経済フォーラムとIpsosが11月に発表した調査によると、調査対象となった15カ国の成人18,000人のうち73%が、COVID-19のワクチンがあれば接種すると答えました。

73%は高い?のかもしれませんが、3ヶ月前の結果(77%)より4%低下しています。

内訳を見ると、ワクチン接種の同意はインドが87%と一番高く、次に中国で85%です。
低い国としては、フランスが54%で、次にアメリカの64%です。

インドに居た人が言っていましたが、インドは外出禁止で外に出れないようです。
だからなのか、ワクチン接種するという割合が高いのかもしれません。

しかし、15カ国中10カ国で、8月の調査結果と比べて下がっています。
コロナウイルスで大変だった時は、「ワクチンを早く打ちたい」という気持ちが強かったのかもしれませんが、実際にワクチンが開発されて接種できる環境になると、少し不安を感じているのかもしれません。

ワクチン接種に対して、強く同意する(ワクチン接種の意向が強い)割合は、3カ月前の調査結果の37%から33%に低下しており、8月の調査と比べて15カ国中12カ国で低下しています。
日本も低下しています。

 

ワクチンを接種しない理由

ワクチンを接種しない理由は、皆さんが想像できるように副作用の心配(世界で34%)とワクチン臨床試験の進行の速さの心配(33%)です。
その他、ワクチンの効果があると思えない(10%)、一般的にワクチンに反対(10%)、COVID-119に感染するリスクが低い(8%)があります。

内訳を見ると、副作用を懸念している国は日本がダントツのトップ(62%)です。次いで、中国の46%です。
いや~日本がダントツですね笑

臨床試験が早すぎることの懸念については、ブラジルとスペインで共に48%です。
この点について、日本は非常に低いですね・・・

COVID-19に感染するリスクが低いと感じているのは、中国(20%)とオーストラリア(19%)です。

 

ご存知のように、イギリスではワクチンの接種が始まりました。
ワクチン接種を義務化しようとしている国もあります。
いずれ、遅いでしょうが日本にもワクチンは来ます。

コロナウイルスの感染流行を抑えるために開発されたコロナウイルスのワクチン

あなたはワクチンを打ちますか?

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

<参考資料>
Great expectations: Developments and dynamics of a COVID-19 vaccine

COVID-19 vaccination intent is decreasing globally

-時事ネタ
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。