保険薬局関係

フェイスシールドとフェイスマスク ほぼ意味ない!

こんにちは😃
こう見えて絵が好きな薬剤師の岩出です。
明日も仕事なので、今日は午後から自分のために時間を使います!
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

コロナを複数の他人に感染させたら罰金なんて条例が都議会で提案されたなんてニュースが流れていますが…
なんと言いましょうか😅
うつしたくてうつしてるんではないと思いますが

ここで改めてマスクの性能についてご紹介したいと思います。
SNSで沢山アップされていますが、豊橋技術科学大学の飯田教授がご発表されたコロナウイルス飛沫感染に関する研究~マスクの効果と歌唱時のリスク検討~ について、本日はマスクの効果について、明日は歌唱時のリスクについてご紹介します!

 

実際にマスクを着用した場合の評価でない

マスクについて今までにも沢山のデータが発表されていますが、それはマスクその物の性能のデータです。
性能としては素晴らしい結果でも、それが実社会で本当にそんな結果を出せるのかというと、そうではないことが多いです。

例えば、とてもよく効く抗生物質でも、めちゃくちゃ苦いとします。
子どもがめちゃくちゃ嫌がって飲まないとなると、実験ではどんなに効果があっても実際のご家庭で飲んでもらえなければ、この薬は効かないのと同じです。

マスクも同じで、実験では色々なデータが出ているのだと思いますが、実際に装着してどの上でどれだけ効果があるのかが大切です

コロナウイルスによる感染予防対策としてマスクが効果的あることが知られているが、物理的にどの程度の効果があるのかについての報告は少ない。また数値データの報告の多くは、マスクに用いられる素材性能の評価であって、実際にマスクを着用した場合の評価でない点が問題であった。
そこで人工的に飛沫を生成する装置または実際に人がマスクを着用した状態におけるマスクの効果を数値データで評価した。と報告にも書かれています(若干、変更しています)

では、実際に人が装着した場合のデータを見たいと思います。

 

不織布、布、フェイスシールド、マウスシールドの効果は?

マスクの役割は2つあります。
吐き出しによる飛沫をどれだけ抑えれるか。そして、飛沫の吸い込みをどれだけ抑えれるか。

今まで、マスクは他人にうつさないために装着している(咳チケット)、ということが言われていました。
ウイルスは小さいので、マスクを通過してしまうと…
しかし、ウイルスは花粉のようにそれ自体が浮遊して感染するのではなく、飛沫やエアロゾルの状態で感染します(飛沫感染)。
こちらのブログもご覧ください!→学習記録:空気感染、飛沫感染って何が違うの?

しかし、今回発表されたデータを見ると吸い込みを防げていることが分かります!

不織布のマスクは、吐き出しが80%程度抑制、吸い込みは70%程度抑制となっています。
吸い込み量は顔とマスクの隙間に依存しているとのことなので、マスクを着けている時は顔とマスクの隙間をつくらないようにしましょう!

 

マスク効果は、圧力損失(飛沫の勢いのエネルギー損失)に比例しています。
マスクの効果が高いほど、飛沫の勢いが弱くなるということです。

そして、マスクの息苦しさは圧力損失は比例します。

マスクの性能が高いほど、顔とマスクの隙間ができにくい(息苦しさが増す)ということです。

 

驚きは、フェイスシールドとフェイスマスクは、効果が非常に低いということです。

吐き出しについて
フェイスシールドは20%程度の抑制で、フェイスマスクは10%程度の抑制しかない。

吸い込みにいたっては効果なしです!
フェイスシールド、フェイスマスクを着けている方の近くは危険です😅

感染予防対策のためには、不織布マスクを、顔とマスクの隙間をつくらないように装着することです!

明日は、会話と歌唱時のリスクについてご紹介します。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

<参考資料>
コロナウイルス飛沫感染に関する研究~マスクの効果と歌唱時のリスク検討~

 

お知らせ

◆研修会のご案内◆

まだまだ参加募集しております!

日 程:2020年10月31日(土)
テーマ:薬剤師さん!その食事指導まちがってます
時 間:17:00~19:00(19時完全終了)
場 所:大阪府大阪市北区梅田2-5-13桜橋第一ビル303
講 師:家辺 先生(管理栄養士)
参加費:1,000円
定 員:25名
※日本薬剤師研修センター
受講シール1単位” 取得研修会

参加登録はこちらから👇

 

 

-保険薬局関係
-, , , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。