時事ネタ

薬剤師国家試験 コロナウイルス陽性者は受験できない!

こんにちは😃
こんな状況でも、高校受験や大学受験はあります。
年が明けると本格的に色々な試験がスタートしますが、薬剤師国家試験もその1つです!
もう2度と受けたくない薬剤師の岩出です😆
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

本年度の薬剤師国家試験は、3月20日、21日のようですね!
薬剤師国家試験も含めた厚生労働省が所管する国家試験について、新型コロナウイルス感染症対策をふまえた実施内容について発表がありました。

 

12月9日(水)15時で参加募集を切りたいと思います!
それまでは、参加登録をお待ちしております😃

 

実施内容

基本的には、新型コロナウイルス感染症対策を行ったうえで、各国家試験の科目や実施方法を変えずに、従来通り実施されます。
ここにきて、科目や実施方法が変わると混乱しますよね😅

今年実施された第27回MR認定試験は、従来の集合形式試験からウェブ形式に変更され、自宅などから指定のサイトにアクセスして試験を受ける形となりました。
「期間中に何度でも繰り返し解答でき、時間制限もなく、テキストを見ながら受験できる」ということで、このような変更は受験者はいいですが、国家試験ではちょっと難しいですよね・・・
だって、全員合格になりますから😅

 

試験会場ですが、「受験者間の間隔を1m以上確保する」ということから、参加者数の状況により、願書に書いた受験地に隣接する都道府県に会場が変更する可能性があるということです。

私は結構ビビりなので、一度会場を見に行きました。
早めに会場を知れるならいいですが、結構ギリギリになると嫌ですよね。

 

陽性者は国家試験が受けれない!

コロナウイルス陽性者は試験を受けれません!

国家試験会場にサーモグラフィカメラが設置されており検温が実施されています。
そして、以下の流れで進みます。

①サーモグラフィカメラで検温

②37.5度以上あり

③再度接触型体温計により検温

④37.5度以上あり
熱がなくても、咳などの症状があれば⑤に行く

⑤迅速抗原検査を実施

⑥陽性反応あり

⑦医師によるオンラインでの診察

⑧新型コロナウイルス感染症と診断される

⑨受験ができない!

そして、国家試験は学校と違い追試がありませんので、今年度の試験は受験できないということです。

 

そもそも試験の期間中に濃厚接触者であった者はどうなるのか?
試験当日に無症状である等(※)の条件を満たせば、別室で受験することができるようです。
その条件(※)とは?

※以下のア~エの条件を満たすこと
ア  初期スクリーニング(自治体等によるPCR等検査)の結果が陰性であること
イ  受験当日も無症状であること
ウ  公共の交通機関を利用せず、かつ、人が密集する場所を避けて試験場に行くこと
エ  終日、別室での受験となること

濃厚接触者でも、条件を満たせば試験を受けれるようですが、できれば濃厚接触者にならない方がいいですよね(言うまでもなく)

 

試験当日に、新型コロナウイルス感染症の陽性と診断されて、受験が出来なかった受験者は、試験日前後2週間における診断書等の提出により確認のうえ、受験手数料を返還するとなっていますが・・・そういう問題でもないですよね

 

せっかく1年間勉強してきたのに、そもそも試験を受けることができなくなったら、悔やみきれないですよね!
私も昔に薬剤師国家試験に向けて勉強した経験があるので、あの時に今回のような理由で受けれなかったらショックは大きかったと思います。
受験者の方は、感染対策を必要以上に徹底して頂きたいと思います🙇🏻

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

<参考資料>
令和2年度厚生労働省所管医療関係職種国家試験における新型コロナウイルス感染症対策について

-時事ネタ
-, , , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。