時事ネタ 保険薬局関係

介護報酬での在宅患者オンライン服薬指導

こんにちは😃
今日は太陽の下で、体を動かして久々に運動をします薬剤師の岩出です。
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

10月22日に社会保障審議会介護給付費分科会が開催され、介護報酬でのオンライン服薬指導について方針が示されましたので、ご紹介します!

 

在宅患者へのオンライン服薬指導

医療(在宅患者訪問薬剤管理指導料)では、在宅患者へのオンライン服薬指導はスタートしています。
名称は、在宅患者訪問薬剤管理指導料 在宅患者オンライン服薬指導料(長い!)

条件はありますが、月1回につき57点が算定できます。
特徴的な条件としては

①在宅患者訪問薬剤管理指導料を月1回算定している患者であること(対面していること)
②月1回まで、保険薬剤師1人につき週10回まで
③在宅患者訪問薬剤管理指導料とあわせて薬剤師1人につき週40回まで
④各加算および在宅患者重複投薬・相互作用等防止管理料は算定不可
などなどあります。

在宅患者訪問薬剤管理指導料と比べると、報酬は低いです。
一番低い290点と比べても1/5程度しかありません。

 

 

介護報酬での在宅患者オンライン服薬指導

調剤報酬で在宅患者オンライン服薬指導料があることから、以下のような意見がでました。
「オンライン」がブームの今、調剤報酬か何か知らんけど、やれるんなら介護でも出来るでしょ?ってことですね。

 

報酬点数ありきでは当然ないですが、そうはいってもオンライン診療が広まらない理由の1つとして、診療報酬の低さがあります。
対面と変わらないという評価であれば、対面と同じ程度の報酬を付けるのが通りではないかと思います。

 

明日は、この議論の資料をして提出されているデータで、面白いデータがあったのでご紹介します!

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

 

<参考資料>
第189回社会保障審議会介護給付費分科会

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則等の一部を改正する省令案(仮称)の概要(中医協 総-3 参考 元.12.20)

第2回 医療・介護ワーキング・グループ 議事次第

 

 

 

-時事ネタ, 保険薬局関係
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。