時事ネタ 保険薬局関係

オンライン診療 原則解禁!

こんにちは😃
アメリカのオンライン診療や服薬指導ってどうなってるのかな~と思ったら知りたくなって、アメリカにお住いの方にお伺いしたら、本当に親切に教えて頂いて勉強になりました。
本当に人と人の繋がりって大切だなと改めて実感した薬剤師の岩出です。

お伺いした内容は、次回のブログでアップしたいと思います!
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

そして❗️
10月31日の研修の事前アンケートとして、薬剤師が行う食事指導内容を集めています!
匿名で回答できますので、ぜひ教えて下さ~い
こちらよりお願いします👇
http://bit.do/wa-dietary-guidance

 

昨日のブログでは、薬剤師による対面の服薬指導について書きました。
「常駐解禁」、「対面撤廃」などが進み、オンライン服薬指導が進む方向に向かうと思いますが

2020年9月1日から始まったオンライン服薬指導は、オンライン診療による処方箋でしか行えません。

そのため、オンライン診療がどの程度行われるのかがネックになりますが
そのオンライン診療が原則解禁になるということです。

 

オンライン診療の原則解禁

現在のオンライン診療は、コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、特例的・時限的な措置として初診も含めて全面的に解禁となっています。

「特例的・時限的な措置」となっていますが、今後も様々な感染症が発生する可能性もあり、また何といっても「便利」な点から、誰もが進むだろうと思ってましたよね😅

そして、9日の記者会見で平井卓也デジタル改革相、河野太郎規制改革相、田村憲久厚生労働相が初診を含めたオンライン診療を原則解禁を発表されたようです。
2018年度に保険適用されたオンライン診療では、初診は認められていませんでしたが、初診も含めて解禁です!

現在、オンライン診療が行われていますが、その中には電話による診療も含まれています。
しかし、電話による診療は対象外で、映像を使った診療が原則になります。

 

オンライン服薬指導

オンライン診療が進むとオンライン服薬指導も必ず進みますよね!
薬をもらうのに薬局に行かないといけないなら、オンラインの意味ないですよね?

国は、診療~お薬の受け取りまでをオンラインで一気通貫で完結する流れを創りたいので、オンライン診療とオンライン服薬指導もセットです。

そうなると門前薬局は大ピンチです(他人事ではありません😅)

私が考える多い流れはこれだと思います。
オンライン診療→オンライン服薬指導→お薬は家の近くの薬局かドラッグストアーで受け取り。

買い物ついでにドラッグストアーで受け取りが一番想像しやすいですよね?
近くの薬局なら、まだ行くのも面倒ではないですし

全患者さんが利用するわけではないですが、デジタルネイティブと言われている50歳以降の患者さんは利用するんじゃないですかね
もっと言えば、子供や小児については、病院や薬局行くことによる症状の悪化などを避けるために、利用するんじゃないでしょうか?

コロナって、生活スタイル、働き方、医療などの問題や課題を一気に進める機会になりましたね

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

お知らせ

◆研修会のご案内◆

日 程:2020年10月31日(土)
テーマ:薬剤師さん!その食事指導まちがってます
時 間:17:00~19:00(19時完全終了)
場 所:大阪府大阪市北区梅田2-5-13桜橋第一ビル303
講 師:家辺 先生(管理栄養士)
参加費:1,000円
定 員:25名
※日本薬剤師研修センター
受講シール1単位” 取得研修会

参加登録はこちらから👇

 

 

 

-時事ネタ, 保険薬局関係
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。