時事ネタ

アストラゼネカがコロナウイルスワクチンの試験を一時停止

こんにちは😃
久しぶりに後輩と飲んで、ちょっとその影響が残っています😅
それでも、頑張ってブログを書いている薬剤師の岩出です。
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

数日前にこんなブログを書きました!
コロナウイルスワクチン 3つ目の臨床試験開始

日本でアストラゼネカのワクチンの治験が始まるという内容です。
ようやく、ワクチン開発が軌道に乗り始めたかのように思った矢先にこんな記事

Astra Pauses Covid Vaccine Trial After Unexplained Illness
原因不明の病気の後、アストラがCovidワクチンの試験を一時停止

今出ている内容についてご紹介します。

 

どのような状況?

アストラゼネカは、同社の研究に参加していた人が病気になったことを受けて、実験的なコロナウイルスのワクチンの接種を中止しました。

アストラゼネカは声明の中で、1人の患者が原因不明の疾患を発症したことを受けて、同社のワクチン試験の標準的な見直しが行われたことが原因だと述べています。何人中の1人かなどの詳細は分かりませんが、1名で副作用が発生したということです。

アストラゼネカの広報担当者は声明で、「これは、治験中に原因不明の可能性のある疾患がある場合には必ず行われなければならない日常的な処置であり、治験の完全性を維持するために行われる。」と述べています。

また、科学者の中には、中止の意義を重く捉えていないもいるようです。
サンディエゴにあるスクリップス研究所トランスレーショナルの心臓専門医で臨床試験の専門家であるエリック・トポル氏は、大規模な研究ではこうした中断は「決して珍しくない。」と言い、有害事象がワクチンとは無関係であることが判明する可能性が高いと発言されているようです。

 

ワクチン開発の行方は

米国をはじめとする各国政府は、数十億ドルを投じてワクチンの開発を加速させており、現在では20数十種類のワクチンが、ウイルスが最初に発見されてから1年も経たないうちにボランティアで試験されています。11人の候補者が後期試験に参加しているようです。

 

WHOによると、開発中のコロナワクチン候補は8月20日現在で169種類もあるゆおで、そのうち臨床試験を始めたのは30種類❗️
ワクチン開発は、インフルエンザワクチンのようにウイルスを培養して作る方法と、開発期間を短くするために遺伝子(DNAやRNA)を使った新しい手法も登場しています。

どの国がワクチンを開発するかで、大きく情勢が変わる可能性があります。
なので、様々な国や企業が多額のお金を投じて我先にとワクチンの完成を急いでいます。

どうなるんですかね~
日本での臨床試験にも少しは影響が出ると思いますが…

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

 

 

<参考資料>

Astra Pauses Covid Vaccine Trial After Unexplained Illness

分かる 教えたくなる コロナワクチン開発

-時事ネタ
-, , , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。