時事ネタ 保険薬局関係

ワクチンの有効率95%って??

こんにちは😃
薬剤師の岩出です。

まずは、研修会のご紹介です❗️
参加希望の方は下👇クリックお願いします🙇🏻

日程:6月23日(水)
時間:19時スタート
場所:オンラインZoom
定員:60名
参加費:1,000円

日本薬剤師研修センター1単位です
ご参加お待ちしております🙇🏻

 

今回は、ワクチンの有効性についてご紹介したいと思います。
研究者の方やお偉い先生からすると、間違った考え方かもしれませんが、イチ個人の感想も交えて書きたいと思います。

 

ワクチンの有効性とは?

上のような表をよくニュースで見ますよね?
ファイザー製のワクチンの有効性は95%で、そのあとに承認されたモデルナ製の有効性も9割以上で約94%
しかし、アストラゼネカ製のワクチンの有効性は他の2つと比べて低く7割台。

有効性もよく話題になっていますが、それよりも問題視されているのは、極めてまれに血栓ができる副反応が確認されていることです。
大規模接種会場でモデルナ製は使用されますが、アストラゼネカ製は使用されず、途上国に提供するという案もでています。

7割でも十分に有効性があるんだ❗️と、インフルエンザワクチンの有効性を比較対象に出していますが、なんの慰めなんでしょうか…😅

有効性が95%というと、本当にすごいですが
この『95%』とはどのような数字なのでしょうか?

95の中身がどのようになっているのかを見たいと思います!

 

有効性95%とは?

たとえば(あくまでも例えばですよ…)、上のようにワクチンを接種した人が100人、ワクチンを接種しなかった(プラセボ)人が100人いたとします。
そして、ワクチンを接種した人のうち5人は新型コロナに感染し、ワクチンを接種しなかった人は100人が感染したとします(あくまで例えです)。

そしたら、有効性95%って分かりやすいですよね?
おそらく、多くの方がこの95%の数字をイメージしていると思います

しかし、実際はこんな単純な話ではないんです😅

実際のデータを見ながら考えたいと思います。
厚生労働省に整理されたデータがあるので、そちらを見ます。

ファイザーワクチンの有効性の発表では、最初の投与から28日後に新型コロナの感染状況を確認したところ、有効性が95%であったと報告されています。
1回目を接種して3週間あけて、
2回目の接種後7日以降の発症の有無が比較されています。

ここでちょっと分からない単位(人年)というのが出ています。

一定期間(今回であれば28日)にどれだけの疾病者(新型コロナ感染者)が発生したか(罹患率)を示す場合には、分母は「人年」という単位の数字を用います。

詳しくはこちら→有病率と罹患率をご確認ください

なぜ、「人数」ではなくて「人年」なんて単位を使用するのか?
極端に言うと、新型コロナに感染したが、28日後の観察時点では全員の症状が改善していたとします。
すると、28日後時点で感染の有無と確認すると「感染者0人」になってしまいます。この「0人」という数字に意味はありません。
28日時点ではなく、28日間の期間での感染の有無を考慮するための計算をするには、分母が「人年」という単位になるようです😅
何度も言いますが、詳しくはこちら→有病率と罹患率をご確認ください

なかなか理解しにくいですよね?

単純に、追跡期間において、接種した約1.8万人のうち8人が発症した、という方が分かりやすい。
しかし、この考え方で計算すると、ワクチン接種しなかった人は約1.8万人で、発症したのが162人ということは、発症率は0.9%となる…

打たなくても、約99%は発症していないって見方もできるんですかね?😅(28日間において)

 

有効性70.4%

次に、アストラゼネカ製ワクチンの有効性が示されているデータを見てみましょう!

こちらのデータでは、2回目のワクチン接種から14日以上経過した後に有効性の確認がされています。

追跡期間において、接種した人のうち30人が発症し、接種しなかった人のうち101人が発症しました。
こちらも「人年」を用いて計算されており、有効性が70.4%になります。

アストラゼネカ製ワクチンの臨床検査では、「1回目低用量→2回目標準用量」と「1回目標準用量→2回目標準用量」と2つの接種パターンがあって、低用量→標準の有効性は90.0%、標準→標準の有効性は62.1%となっています(合わせて70.4%となります)

こちらのデータも、ワクチンを接種していないグループだけ見ると、5,829人中感染したのは101人で、感染率は1.73%となります。
接種していなくても約98%の人は感染していない……

 

世間では、各メーカーが発表している数字(有効性)で、高い、低いと議論されていますが
色々なサイトを見ると、この数字は本当に正しいのか?という議論もあります。

95%という数字がすごく強調されていますが、その数字の中身を知ることも大切かと思います。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

 

<参考資料>

PFIZER AND BIONTECH CONCLUDE PHASE 3 STUDY OF COVID-19 VACCINE CANDIDATE, MEETING ALL PRIMARY EFFICACY ENDPOINTS

Oxford–AstraZeneca COVID-19 vaccine efficacy

ファイザー社の新型コロナワクチンについて(厚生労働省)

Safety and efficacy of the ChAdOx1 nCoV-19 vaccine (AZD1222) against SARS-CoV-2: an interim analysis of four randomised controlled trials in Brazil, South Africa, and the UK

-時事ネタ, 保険薬局関係
-, , , , , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。