時事ネタ

モデルナワクチン94.5%有効

こんにちは😃
常にブログの話題を探している薬剤師の岩出です!
ブログの毎日更新達成まで、あと43日(カウントダウン早すぎたかな笑)
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

今日はこの話題についてご紹介します!
新型コロナワクチン、米モデルナが94.5%有効確認

ファイザーに続き、米製薬会社のモデルナでも新型コロナウイルスワクチンの有効性が発表されました。

 

RNAワクチン

モデルナは米バイオ医薬ベンチャーで、米政府の新型コロナワクチン支援プログラム「ワープ・スピード作戦」の対象になっています。

モデルナのワクチンもファイザーと同じ「RNAワクチン」というタイプのワクチンになります。

ファイザーは、中間発表で90%の効果と言われていましたが、モデルナも94.5%と高い有効性が報告されています。
そして、ファイザーのワクチンで課題となっている保存方法についてはどうなんでしょうか?

 

プレスリリース(有効性)

モデルナが2020.11.16に発表したプレスリリースの内容をご紹介します!

First interim analysis included 95 participants with confirmed cases of COVID-19
最初の中間解析では、95人の参加者がCOVID-19であることが確認されました。

Phase 3 study met statistical criteria with a vaccine efficacy of 94.5% (p <0.0001)
​第3相試験では、統計学的基準を満たし、ワクチンの有効性は94.5%(p<0.0001)であった。

上記のように書かれています。
治験には​3万人以上のボランティアが参加し、今回の報告は最初の中間分析に基づく結果です。

​第3相試験の主要評価項目は、ワクチン再接種から2週間後にCOVID-19であるかを確認します。

​副次的評価項目として、本初回中間解析において重篤なCOVID-19症例の11例を解析し、11例すべてプラセボ群で発生し、ワクチン分では重篤な症例は発生しなかったとのことです。

​有害事象の大部分は、軽度または中等度でした。
初回投与後に発現頻度が2%以上であったGrade 3 (高度) の事象は、注射部位疼痛(2.7%)、二次投与後に疲労(9.7%)、筋肉痛(8.9%)、関節痛(5.2%)、頭痛(4.5%)、疼痛(4.1%)及び注射部位の紅斑・発赤 (20%)です。

いや~素晴らしい結果ばかりが出ていますが、本当なんでしょうか?😅

 

プレスリリース(保存)

ファイザーのワクチンは、マイナス70度程度で保管する必要がありました。
有効期限は輸送期間も含めて10日程度ということで、この点が課題でした。

モデルナのワクチンは、冷蔵庫の標準温度である2℃~8℃で30日間安定していると報告されています。
また、マイナス​20度最大6カ月間保管ができるようです。

一般的に売られている冷凍庫でマイナス20~マイナス18度なので、マイナス20度での保管は難しくないと思います。

モデルナのワクチンは、認可が得られれば年末までに2,000万回分のワクチンを米国向けに供給できるようです。
2021年には5億から10億回分のワクチンを生産する計画で、日本政府はモデルナからは5,000万回(2,500万人分)のワクチンの供給を受ける契約で基本合意しています。

ファイザー6,000万人分+モデルナ2,500万人分+アストラゼネカ6,000万人分=1億4,500万人分ということに計算上はなります。

ファイザー、モデルナと良い中間結果が続いていますが、どうなるのでしょうか?

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

 

<参考資料>
Moderna’s COVID-19 Vaccine Candidate Meets its Primary Efficacy Endpoint in the First Interim Analysis of the Phase 3 COVE Study

Moderna Announces Longer Shelf Life for its COVID-19 Vaccine Candidate at Refrigerated Temperatures

冷蔵庫の各室の適温を知りたいです。

 

 

オンライン資格確認の説明会を開催します。
参加希望の方は、下のスイッチを押してくださいね~

 

 

 

 

-時事ネタ
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。