時事ネタ

WHOレムデシビル推奨せず

こんにちは😃
最近はバタバタしていてブログが追い付いていない薬剤師の岩出です!
来週は、さらにバタバタします笑
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

ワクチンの話ですっかり存在感がなくなった「レムデシビル」ですが、WHOは推奨しないと発表しました。

レムデシビルの効果

レムデシビルの効果については、WHOの発表と開発会社であるギリアド・サイエンシズ&FDAの発表は異なっています。

詳しくは、👇のブログをお読みください。
レムデシビルは効果があるのか?ないのか?

レムデシビルは効果があるのか?ないのか? part2

 

WHOは、レムデシビルが入院患者の生存率などを改善するという証拠が現在のところないため、疾患の重症度に関係なく、入院患者へのレムデシビルの使用に対して条件付きの推奨と発表しました。

レムデシビルを考慮する場合は、肝機能障害(ALTが正常値の5倍を超える)又は腎機能障害(eGFR 30mL/分未満)である患者には投与しないこと警告しています。

 

WHOがレムデシビルを推奨しない根拠として、COVID-19で入院した約7,000人の参加者による4つの試験からのデータが示されています。

PICOで示すと
P:COVID-19の患者(すべての重症度)
I:レムデシビル+通常のケア
C:通常のケア
で、「O」のアウトカムは以下になります。

上の結果により、レムデシビルは死亡率に影響を及ぼさない可能性が示唆された。と報告しています。

死亡率だけではなく、人工呼吸器の必要性、臨床的改善までの時間、および他の患者にとって重要なアウトカムについても、影響が示唆されなかったとのことです。
詳しくは、参考資料にリンクを載せているのでご確認ください。

 

日本では?

皆さんご存知と思いますが、20日の記者会見ではレムデシビルに関して「厚生労働省で承認を見直す必要はないというのが現時点での認識だ」と説明がありました。

国内では重症患者の2割で使用されているようです。愛知医科大学の教授は「今の日本では安全かつ有効に使われている。重症者を扱う集中治療での有効性はあるだろう」とコメントされています。

レムデシビルについては、使用された当初から効果が限定的で、「患者に投与しても回復が見られなかった」や「死亡率を下げる結果も得られなかった」との報告があったようです。

しかし、他に治療薬がない状況では、効果低いだけでは使用を止めることは難しいと思います。

ところで、「アビガン」はどうなったのでしょうか?😅

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

<参考資料>
WHO recommends against the use of remdesivir in COVID-19 patients

Therapeutics and COVID-19: living guideline

レムデシビル、日本は投与継続 WHO「勧めず」と結論(2020/11/20 日経新聞)

 

 

参加希望の方は、下👇のボタンを押してね~

-時事ネタ
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。