時事ネタ 保険薬局関係

調剤薬局の経営状況は? by日本薬剤師会

こんにちは😃
最近はゲリラ豪雨などがあるので、その日の天気確認に天気予報ではなくて、雨雲レーダーで1日の雨の状況を確認している薬剤師の岩出です🤣
今年はブログの毎日更新を目標に頑張ります❗️

 

少し前に、“2020年4~6月の調剤薬局等の経営状況について”というブログを書きました。

それに対抗?する形で、日本薬剤師会から薬局経営状況に関する報告がありました。
少し残念なのは、医師会の報告は一般的に公開されていましたが、薬剤師会の報告は私が調べる限りでは公開されていないこと…

薬局経営は回復?悪化?

医師会の主張

詳しくは、“2020年4~6月の調剤薬局等の経営状況について” を見て頂きたいのですが

大手調剤薬局、中堅調剤薬局では、売上高が4~5%低下していますが、利益率はプラスである。
一方、病院・診療所は、売上高と利益率ともに10%程度低下しているということ。

コロナ禍の状況で、大手・中堅調剤薬局とドラッグストアは利益が出る構造になっており、調剤報酬の見直しが必要であるという流れです。

 

そして、薬剤師会の主張

今回出たのは、7月の処方箋受付回数について調査したもの
7月の処方箋受付回数は、前年同月比13.6%減となり、薬剤料と技術料も前月に比べてマイナスが拡大したとのことです。

また、薬局数を200件(前回)→2,500件に拡大して、2~6月の経営状況について改めて調べると

処方箋受付回数は
2月0.2%、3月10.5%、4月17.6%、5月20.5%、6月9.6%

調剤報酬は
2月4.2%、3月1.3%、4月2.6%、5月10.1%、6月1.2%

 

思ったこと①
薬剤師会が言うように、大手調剤薬局やドラッグストアだけをピックアップして、利益が出ているというのは少し足りないと思う。
薬局の多くは個人店であり、大手調剤薬局の店舗数は約1割程度である。
そんなこと十分に分かっていて言われているのでしょうが…少し辛いです😭

思ったこと②
医師会は、実質的に運営で重要な数字「利益率」に注目し、薬剤師会は「売上高」に注目している。
数字の出し方や情報の出し方も、その効果や影響力を考えて出さないといけないな~と思いました。

私みたいな底の底の薬剤師が偉そうに何言ってるねんと言われたらそれまでですが😅
現場では、薬局薬剤師も頑張っていますよってお伝えしたい!

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

介護保険で在宅を行っている薬局薬剤師は、慰労金を申請できます!
期限は今月末なので、お忘れなく😃

 

 

<参考資料>
薬事日報2020年9月7日 【日薬調査】薬局経営状況、再び悪化‐新型コロナの影響根強く

[第424回(2019年9月25日開催)資料「調剤報酬(その1)」薬局数の推移ならびに同一法人の薬局の店舗数の推移(厚生労働省 中央社会保険医療協議会)]

-時事ネタ, 保険薬局関係
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。