時事ネタ 保険薬局関係

ワクチン優先接種スタート in大阪府

こんにちは😃
一時期、めちゃくちゃ忙しくて(←言い訳です😅)ブログが止まっていました~(←誰も待ってない…😭)
頑張って発信していきます!
薬剤師の岩出です。

今回は、大阪府だけの話になってしまいますが、医療従事者等への新型コロナワクチン優先接種について書きたいと思います。

保険薬局は優先接種の対象になるのか?(医療従事者としてられているのか??)という議論もありましたが…
大阪府では、「病院」、「診療所」、「歯科診療所」、「薬局」が対象になります(あとで詳しく書きます)

 

事前調査

まず、今回の大阪府が行う「医療従事者等への新型コロナワクチン優先接種」については事前調査があります。
目的は以下の2項目の調査です。

① 対象となる医療従事者等の総数
② ①のうち接種を希望人数

事前調査  回答期限 : 令和3年1月15日(金)
接種希望者名簿の提出は令和3年1月22日(金曜日)までです。

回答期限に注意!
優先接種の調査は今回のみとなります。
回答期限に遅れた場合は「全員希望なし」となります。

え!本当は受けたかったのに😵
期限を過ぎたら受けれないの??

そんなことはありません!
今回ワクチン優先接種を受けなかった方は、今後実施される一般接種(4月以降に予定)でワクチン接種を受けることができます。

ワクチン接種を希望する方がいる場合は、各医療機関ごとに名簿を作成し、メールにて送付が必要です。

 

医療従事者等の範囲

医療従事者等の範囲ですが、以下のように書かれています。
『医師、歯科医師、薬剤師、保健師・看護師、歯科衛生士、受付、事務、非常勤、派遣、委託業者職員など、新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者含む)に頻繁に接する機会のある職員が対象となります。』

新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に頻繁に接する機会のある医療従事者、その他の職員(会計担当、非常勤、派遣職員など)が対象なので、当然、保険薬局で働く事務員さんも対象になります。

「頻繁に接する機会」ってどの程度(ってよく聞きますよね…)
定義はないので、各機関で判断いただいて結構ですとのことです。

 

接種するワクチンについて

摂取するワクチンの種類は、ファイザーアストラゼネカ&オックスフォード大学武田&モデルナの3社のワクチンが予定されていますが、どの会社のワクチンがどれだけ配備されるかは未定のようです。

各ワクチンの特徴は以下👇になります(ブログも見てね~)

3社のワクチンともに2回接種となります(ファイザー社製は21日間隔、その他2社は28日間隔)

ワクチンの情報が示されていますが、そもそも摂取するワクチンを被接種者が選ぶことはできません。

接種時期については、まずは希望者が500名以上の大規模医療機関から優先接種をスタートします。
希望者が500名以上の大規模医療機関については2月下旬以降、その他の優先接種は3月中旬以降を予定となっています。

あとあと揉めないためにも、薬局経営者の方やそれに近い立場の方は、一度社内でご確認をお勧めします🙇🏻

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

 

<参考資料>
新型コロナウイルス感染症に係るワクチン優先接種について(大阪府)

医療従事者等への新型コロナワクチン優先接種に向けた事前調査の開始について(大阪府)

-時事ネタ, 保険薬局関係
-, , , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。