薬剤師の“わ”

管理栄養士さんによる研修会

こんにちは😃
予定がないとだらけてしまうので、何か予定を入れないとヤバイと感じている薬剤師の岩出です。
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

本日は、10月31日(土)に開催する薬剤師の“わ”の研修会について、お話したいと思います。

次回の研修では、「薬剤師さん!その食事指導まちがってます」という題目で、薬剤師が行う食事指導について勉強したいと思います。
薬剤師が薬について情報提供することは、当然プロなので出来ると思います。
しかし、服薬指導の中で食事指導を行う機会は多くないですか?

よく薬剤師さんが「指導することがない」、「毎回同じ薬なので話すことが無い」ということを聞きます。
でも、それって良いことですよね?
毎回、毎回体調変化起きてたら大変ですし😅

ですが、薬を飲んでいる状況が目的とする状態かというと、そうではありません。
望ましいのは、飲んでいる薬を減らす、薬の量を減らすことです。
その1つの手段として食事生活の改善があると思います。

しかし、薬剤師は食事に関しては、専門家ではありません。
そこで、投薬時に薬剤師が行う食事指導について、一緒に学びましょうというのが今回の目的です。

 

食事指導についての現状調査(事前アンケート)

研修会では、講師として管理栄養士の先生に来ていただきます!

研修会の前半では、栄養についての基礎知識を教えて頂きます。
知っている方もおられますが、まずは基本的な知識をインプットします!

そして後半では、薬剤師が行っている食事指導内容についてスモールグループディスカッションを行い、管理栄養士の先生からもアドバイスをいただきます!

管理栄養士の先生に聞きたいことを事前に募集しています。
ぜひ、下のURLより入力をお願いします👇
http://bit.do/wa-dietary-guidance

 

現在のアンケート結果をご紹介します!

①食事・栄養に関する勉強方法は?(n=13人、複数回答可)

書籍を読んだり、論文を読んだりなど、ご自身で勉強することが多いようです。
(管理)栄養士さんに聞かれる方は非常に少ないです。

最近は、(管理)栄養士さんが配属されている薬局もあるようですが、なかなか管理栄養士さんに聞く機会はないと思います。
「餅は餅屋」っていうように、専門の方に聞くことも大切だと思います!

 

②患者さんに行う食事指導内容

高血圧や糖尿病の患者さんに対しての減塩、糖質制限の回答が多くありました。

これが一番多いですよね❗️
でも「塩分控えてくださいね~」だけになっていませんか?
今って、誰でも塩分を控えないといけないことは知っていると思います。

あとは、透析患者さんへの食事指導についてご意見をいただきました。
透析患者さんは食事制限が大切なので、この点についても情報提供できたら良いですよね

事前アンケートで頂いた内容については、管理栄養士の先生にお伝えさせていただき、研修会の日にアドバイスを頂きたいと思います😃
ご自身が日頃行っている食事指導について教えて下さい❗️

 

お知らせ!

管理栄養士さんにご相談する機会はあまりないようなので、今回の研修会を活かして頂きたいです!
なかなか人前で質問ができない方もおられると思います。
ぜひ、事前のアンケートで聞きたいことを教えて下さい👇
http://bit.do/wa-dietary-guidance

アンケートは匿名になっていますので、何も気にすることなく記載してください!

 

◆研修会のご案内◆
日 程:2020年10月31日(土)
テーマ:薬剤師さん!その食事指導まちがってます
時 間:17:00~19:00(19時完全終了)
場 所:大阪府大阪市北区梅田2-5-13桜橋第一ビル303
講 師:家辺 先生(管理栄養士)
参加費:1,000円
定 員:25名
※薬剤師研修センター 研修シール“1単位” (申請中)

参加登録はこちらから👇

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

-薬剤師の“わ”
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。