時事ネタ 保険薬局関係

Amazon薬局 始動!

こんにちは😃
昨日のコロナウイルスの感染者が全国で2,100と過去最多でした。
冬にかけて増えるんでしょうね~どうなるんでしょうか
薬剤師の岩出です。
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

ついに…巨人が動き出しました。
Amazon薬局 始動❗️

オンライン診療、オンライン服薬指導が原則解禁し、何も足かせが無くなったと思います。
まだ、米国内での立ち上げですが、日本にも来るのでは・・・・

 

 

Amazon prime

Amazonは2年ほど前に「ピルパック(オンライン薬局)」を買収し、処方薬のオンライン配送サービスを始めました。
詳細はこちら→オンライン薬局 by amazon

今回は「Amazon pharmacy」として、本格的にヘルスケア事業に参入してきました。

アマゾンといえば、「Amazon prime」というサービスがありますが、Amazon pharmacyでも、顧客はこのサービスによる恩恵を受けることができます。

アマゾンプライム会員は、無料の2日以内の配達無制限に利用できます。
配送費が無料ですよ!

そして、これは日本ではできませんが
プライム会員はAmazon pharmacyで保険を使わずに支払うと割引を受けれるようです。
プライム会員は、保険なしで支払う時にジェネリック薬で最大80%、ブランド(先発)薬で最大40%の割引です。

ただ、この割引については、アメリカのドラックストアーに研修で行った時に「4ドル ジェネリック」など、薬を安くして来店動機を増やす仕組みはあったので、それに近いのかなと思います。

 

また、Amazon pharmacyに参加している薬局が全米で5万店あり、その薬局でも同じ割引を受けれるようです。

 

Friendly and knowledgeable pharmacists are available 24/7 to answer questions about medications.ということで
24時間365日、薬剤師が患者さんの質問に答えれくれるようです。

これは他の会社でもやってるでしょうし、日本の薬局でも一応対応している薬局はありますよね😅

これだけ流通のインフラを持っているなら強いですよね
オンライン服薬指導しても、薬(モノ)は届けないといけないので
薬局が負担するのは、ちょっと厳しいかな…

でも、アマゾンはアマゾンプライムで会費を取ってますからね~

いつか「どこで働いてるの?」

「アマゾン薬局やよ!」ってことになるんでしょうかね?笑

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

<参考資料>
Introducing Amazon Pharmacy: Prescription Medications Delivered

Amazon Expands Push Into Health Care With Online Pharmacy

 

 

オンライン資格確認の説明会を開催します!
参加希望の方は、下のスイッチを押してくださいね

 

-時事ネタ, 保険薬局関係
-, , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。