時事ネタ 保険薬局関係

薬剤使用期間中の患者フォローアップの手引き(第 1.1 版)

こんにちは😃
「ドコモ口座」の件、恐いですね~
本人でもないのに、口座を作られて勝手に銀行を紐づけされて、お金を引き出される…
そんな簡単に他人が紐づけできちゃうの?😅
詳細は知りませんが、日本でドコモと言ったらそれなりの会社なのに、そんな会社のセキュリティーでさえこの程度…
セブンイレブンの時といい、日本の経営者はデジタル関連に弱いのかな?と思っている薬剤師の岩出です。(えらそうですみません😅)

今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

以前に、ブログ『薬剤使用期間中の患者フォローアップの手引き(第 1.0 版)』を書きました!
そして今回、2020年8月31日付で薬剤師法・薬機法の改正省令が公布され、それらの内容を反映した第1.1版を公開されました。
変更点について、ピックアップしてご紹介します!

 

5. 薬剤交付から次回来局までのフォローアップの実践

(7)記録の部分が変更になっています。

薬剤師法第28条 第1項により、薬局開設者は、薬局に調剤録を備えなければならない。また、第2項のただし書き「ただし、その調剤により当該処方せんが調剤済みとなつたときは、この限りでない。」の項目が削除され、調剤した処方箋について厚生労働省令で定める事項を記録することが必要となります。

また、今回の薬機法改正で9月から始まった「服薬期間中のフォローアップ」の記録も調剤録に残すことが必要です。
フォローアップの記録だけではなく、情報の提供及び指導の内容の要点の記録も調剤録に記録することが必要です。

しかし、患者の服薬状況や指導内容等を記録したもの(薬剤服用歴等)において、必要事項が記載されていれば当該規定を満たすものとされている。という通知が出ています。
以下、通知の一部を抜粋して載せています。

 

 

6. 処方箋医薬品以外の医療用医薬品、薬局製造販売医薬品、要指導医薬品、一般用医薬品を販売する場合の販売後フォローアップの考え方

要指導医薬品、一般用医薬品等を販売する場合のフォローアップについての基本的な考え方は、処方箋に基づく調剤の場合と同様です。
使用者の背景情報や医薬品・併用薬等から、薬学的知見に基づき総合的に販売後フォローアップを判断すること、と記載されています。

また、この項目に関連した改正省令において、「お薬手帳」の活用についての項目が新設されています。
お薬手帳を用いた患者情報の一元管理、お薬手帳を用いた情報提供などを積極的に取り組んでいくことが求められています。

今回の薬剤使用期間中の患者フォローアップの手引き(第 1.1 版)でも、今回の省令改正では、要指導医薬品・一般用医薬品の販売時等においても、一層のお薬手帳の活用が求められていることから、販売後フォローアップにおいても必要に応じて活用を考慮する。と記載されています。

 

 

参考資料にURLを載せているので、詳細については各自でご確認頂ければと思います。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

 

 

<参考資料>

薬剤使用期間中の患者フォローアップの手引き(第 1.1 版)

日薬生総発0831 第6 号厚生労働省医薬・生活衛生局総 務課⻑通知

インターネット版 官報 令和2年8月31日(号外 第179号)

-時事ネタ, 保険薬局関係
-, , , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。