保険薬局関係

地域連携薬局の要件

こんにちは😃
薬局に基準や制度に色々な条件が付けられますが、いつか「博士」が要件になったらいいな~と思っている薬剤師の岩出です。
今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

2020年10月8日厚生労働省より、医薬品医療機器等法の法律施行規則の一部を改正する省令案の改正内容が発表されました。
また同時にパブリックコメントの募集も開始されました。

地域連携薬局と専門医療機関連携薬局の省令案について、2日に分けてご紹介します!
本日は、地域連携薬局の省令案をご紹介

 

地域連携薬局の省令案

厚生労働省の資料では、このように概要だけが書かれていましたが、今回その詳細な要件が書かれています。

以下の4つがポイントになります!

①プライバシーに配慮した構造設備
②医療提供施設とおの情報共有体制
③業務を行う(薬剤等を提供する)体制
④在宅医療に必要な対応ができる体制

 

 

①プライバシーに配慮した構造設備

一部の方にお伝えしていた情報通り、「座って」という文言は入っていますね!
どういう意図なんでしょうか?
「落ち着いて話す」ということの表現として「座って」となっているでしょうか??

また、地域連携薬局では「間仕切り」レベルですが、専門医療機関連携薬局では、その1つ上の要件が求められています

 

②医療提供施設との情報共有体制

地域包括ケアの会議への定期的な参加が求められます。ここには退院時カンファレンスも含まれると思います。
そしてここでは「実績」が要件に入っています。
医療関係者に患者の薬の使用情報の報告・連絡を行った実績!しかも一定程度
また、年○回とかになるんでしょうかね~

 

③業務を行う(薬剤等を提供する)体制

ここは少しハードルが高いかなと思います。
「無菌製剤処理」の体制って難しいですよね~共同利用もOKですが

あとは、1年以上勤務している常勤薬剤師一定数以上の配置
また、地域包括ケアシステムの研修が終了した常勤薬剤師一定数以上の配置

一定数以上って何人なんやろ??笑

④在宅医療に必要な対応ができる体制

在宅も実績が求めらえるということです。

地域支援体制加算で在宅患者薬剤管理の実績 年間12回以上という条件(R3.03.31までは経過措置)があるので、それより多くなるのでしょうか?

 

⑤プラスα

こんな書類も必要のようです。
薬局の開設許可の際に診断書を提出しましたけど、地域連携薬局の申請でも必要のようです。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

<参考資料>
【案件番号:155200604】 移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める省令の一部を改正する省令案について

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案について(概要)

 

お知らせ

◆研修会のご案内◆

まだまだ参加募集しております!

日 程:2020年10月31日(土)
テーマ:薬剤師さん!その食事指導まちがってます
時 間:17:00~19:00(19時完全終了)
場 所:大阪府大阪市北区梅田2-5-13桜橋第一ビル303
講 師:家辺 先生(管理栄養士)
参加費:1,000円
定 員:25名
※日本薬剤師研修センター
受講シール1単位” 取得研修会

参加登録はこちらから👇

-保険薬局関係
-, , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。