保険薬局関係

専門医療機関連携薬局の要件

こんにちは😃
いや~今回のように1つのテーマで2日分ブログが書けると楽ですね~
木曜日は、現場に1日中入りながら来客2件とWebセミナー3件という、アホなスケジュールになってしまいましたが、ブログは書き終わっているので気持ち余裕がある薬剤師の岩出です😆
でも、金曜日のブログを書かないと笑

今年はブログの毎日更新を頑張ります❗️

昨日の続きで、2020年10月8日厚生労働省より発表された、医薬品医療機器等法の法律施行規則の一部を改正する省令案の改正内容について
本日は専門医療機関連携薬局の要件についてご紹介します。

 

専門医療機関連携薬局の省令案

専門医療機関連携薬局では、要件が厳しくなっていたり、追加で求められている要件もあります。
以下の4つのポイント+αの内容でご紹介します!

①傷病の区分
②プライバシーに配慮した構造設備
③医療提供施設との情報共有体制
④業務を行う体制

 

①傷病の区分

傷病区分は「がん」です!

 

②プライバシーに配慮した構造設備

地域連携薬局と同じようにプライバシー構造の項目がありますが、こちらは「個室等」となっています。
「間仕切り」→「個室等」とレベルアップしています。

 

③医療提供施設との情報共有体制

 

「がん」専門医療機関との会議への参加
急に「参加させて下さい!」というのが増えるのかな?

傷病区分の該当患者の情報提供や報告・連絡を行った実績が一定程度
症例報告なども集めないといけないので、その過程でこれらの実績もできそうですね!(でも大変😅)

 

④業務を行う体制

当然、「がん」の傷病区分の専門薬剤師の配置は必須ですよね
他に、地域の他の薬局への研修の定期的な実施があるんですね!忙しいですね😅

地域連携薬局と同じように「1年以上勤務していっる常勤薬剤師の一定以上の設置」の要件があるんですね
一定以上って何人やろ…

 

⑤学会の条件

「③医療提供施設との情報共有体制」で専門医療機関での研修要件がありませんでしたが、ここで記載がありました。
認定の要件に医療機関での研修を定めていることが、専門性の認定が行える学会として認められる条件になります。

「専門性の認定に係る活動実績を5年以上」とありますが、2020年1月からスタートした地域薬学ケア専門薬剤師制度(がん)(日本医療薬学会)は条件を満たすのでしょうか?(経過措置かな?)

 

このような高い条件があるようです😅
地域連携薬局は頑張りたいな~(笑)

今回は、何かパブリックコメントを出したいと思います!

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました🙇🏻

 

<参考資料>
【案件番号:155200604】 移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める省令の一部を改正する省令案について

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行規則の一部を改正する省令案について(概要)

 

お知らせ

◆研修会のご案内◆

まだまだ参加募集しております!

日 程:2020年10月31日(土)
テーマ:薬剤師さん!その食事指導まちがってます
時 間:17:00~19:00(19時完全終了)
場 所:大阪府大阪市北区梅田2-5-13桜橋第一ビル303
講 師:家辺 先生(管理栄養士)
参加費:1,000円
定 員:25名
※日本薬剤師研修センター
受講シール1単位” 取得研修会

参加登録はこちらから👇

 

-保険薬局関係
-, , , ,

© 2021 岩出賢太郎 薬剤師の“わ” Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。